さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2007年05月08日

フォトストレージHD-DPM20U2/CR



 旅行時のデジカメデータのバックアップのため、フォトストレージを購入した。
 今なら、エプソンのP-5000や飛鳥の Tripper V、安くすませたいならエプソンのP-2500がフォトビューアーも兼ねていて一般的には妥当な選択肢と思われる。

 しかし今回は、バッファローのHD-DPM20U2/CR (DirectStation POCKET)を購入した。
 その理由は、
・145gと軽いこと。P-5000 は 430g。
・64×98×20mmと小さく薄いこと。P-5000 は 88.7×150×33.1mm。
・フォトビューアーの機能は特に不要であるため。
・ディスク容量は20GBと他機種に比べると少ないが、これでも十分な容量であること。
・他機種と比較すれば安価な部類であるため。
というものだ。

 実際に使ってみて、フォトストレージとしては必要十分な機能を持っており、満足している。

 これまで旅行時には、フォトストレージ代わりに古いノートパソコンを持ち歩いていた。データの取り込みもできるし、それに旅行先での情報収集にも使えるからだ。ただこのノートパソコン、古いだけあって搭載 O Sが Windows98 でセキュリティ上も安定性上も不安を抱えていた。
 今回フォトストレージ機能は DirectStation POCKET が担当し、情報収集に関しては昨年末に購入した N903i+jigブラウザによる携帯電話のフルブラウザ機能でほぼ代替できた。また最近のビジネスホテルにはパソコンが備え付けられていることが多く、単に情報収集であればそれを使えばよい。
 フォトストレージの購入により、ノートパソコンと外部電源 1kg 程度の荷物の削減にもつながり非常に助かった。


 この DirectStation POCKET HD-DPM20U2/CR だが、単独で使うとフォトストレージ、PC に接続するとカードリーダーつきの外部 HDD として機能する。
 対応するメモリカードは CF、SD、メモリースティック/PRO だ。普通使うには十分な I/F だが、わたしは FinePix F30 を使用しているため xD カードの I/F も必要だ。今回この部分は富士フイルム製の xD-CF 変換アダプタを別途購入した(これが高い)。たまにこの変換アダプタを経由した xD カードを認識しないことがあるが、抜き差しをしている内に認識する。
 また、古い製品なので大容量の規格には対応していない。

・フォトストレージ機能
 電源オン/オフ、カードからのデータコピー、直近5回分のコピー履歴(コピー時刻・容量・ファイル数)表示、あとは電池残量の表示とHDD残容量の表示といった機能を持つ。フォトストレージ側からディスクの中身を確認する手段は HDD残容量の表示以外には無く、ファイル一覧表示や削除などはできない。
 1GB CFカードで3回分程度のコピーをまかなえる内蔵バッテリを持つ。また、電源を供給しながらのコピーも可能だ。電源供給は miniUSB I/F から行う。
 コピー機能はメモリカード丸ごとコピーのみ。コピーごとに異なるフォルダを作成し格納される。同じメモリカードを2度コピーしても上書きされることは無く別のデータとして扱われる。
 コピー履歴は、コピーが成功したときに残るようだ。理由は不明だが一度コピーに失敗したことがあり(DirectStation POCKET のディスプレイ上に失敗と表示されていた)、そのときは履歴に残っていなかった。従って履歴が残っていればコピーに成功したと考えてよいようだ(バッテリ切れ時などの追検証が必要)。
 できることが少ないので、マニュアルを見る必要がほとんど無いほど操作はやりやすく手軽に使うことができる。カードを挿入すると自動的に電源が入り(自動的にコピーはされない)、コピーが終了すると自動的に電源が切れる。コピー結果を確認したい場合は電源をオンにし履歴を見ればよい。
 コピー時間は極端に遅いと感じたことは無いが、測定はしていない。

・カードリーダーつき外部 HDD 機能
 DirectStation POCKET からは何もできず、単純にカードリーダーつき外部 HDD として機能し、PC からは HDD とカードリーダー分のドライブが増えたように見える。外部 HDD として機能するので、DirectStation POCKET からのデータコピーやデータ削除を PC から行うことができる。
 WindowsXp で使用する場合、ドライバは不要だ。
 USB 2.0 規格で接続できるため、DirectStation POCKET から PC へのデータコピーは高速(体感では)に行うことができる。
 バスパワーで動作するので外部電源は不要だ。


 バッテリ容量が小さいことが最大の不満で、複数回のデータコピーを行うのであれば外部電源が必須だ。あと起動がちょっと遅いのが気になる程度で、これ以外に特に問題は無く便利に使っている。正直なところもう少し早く買っておけばよかったと思う。CFカード2枚に DirectStation POCKET(と外部電源)があれば、カードの残容量を気にせず写真を撮ることができそうだ。

 なお2005年2月の製品で、容量も20GBと少なく、CFの対応容量も公式2GB、SDHC にも対応していないなど、この機能を使う使わないは別にして仕様には古さが目立つ。バッファローがフォトストレージを続けるのであればそろそろ新製品が出ても良い頃だ。

同じカテゴリー(デジカメ)の記事
 初心者のための一眼レフデジカメ購入案内 (2004-12-11 08:16)
 EF50mm F1.8 II (2004-06-26 11:30)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
フォトストレージHD-DPM20U2/CR
    コメント(0)