さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2004年09月09日

JR大糸線(8/22)



2004年8月22日に、JR大糸線を利用した。
Up.jpg
 大糸線は、新潟県の糸魚川駅から長野県の松本駅を3時間ほどで結ぶローカル線だ。途中の白馬駅(スキーや登山で有名な)や南小谷(みなみおたり)駅までは、新宿駅からの特急がやってくることもある。が、南小谷から北側、糸魚川駅までは電化もされていない。
 この大糸線、大糸線 Oito Lineに詳しいので、見ていただきたい。詳しくはこちらのページを見ていただくとして、わたしの感じたことを書こうと思う。

 この路線は、とにかく景色が素晴らしい。

 まずは南小谷から北側だ。
 ところでこの区間、上に記載したようにまだ電化されていない。そこで写真のような列車が走っている。この列車、先のページによると2004年8月1日にこの色に塗り替えられた(国鉄時代の色らしい)とのことで珍しいらしく、途中で撮影する方々を見かけた。
 またこの車両はトイレがついていない。トイレに行きたくなったら駅に着いたときに運転手に言うそうだ。そんなところもローカルのよさを感じる。
 南小谷までは、ひたすら姫川沿いの渓谷を上っていく。ほとんどが片側が山で片側が川のような光景であり、迫力がある。鉄橋を渡ったりトンネルをくぐったりするたびに、その景色がころころと変わる。迫力のある景色が様々に変化するのだ。
 さぞ、雪の時期も美しい景色が広がるのだろう。
 ここは大雨の被害で長期間普通になったこともあるような区間で、維持も非常に困難とは思うが、これからも存続していって欲しい路線だ。途中に温泉地がいくつかあったので、それを利用するがてらにもう一度訪れたい。紅葉か雪の時期がいいだろうか。

 次いで南小谷から松本までだ。この区間は特急が走るくらいで電化もされていて、新しそうな電車が走っている。当然トイレもついているような車両だ。
 こちらもこちらで、すばらしい景色が広がっている。本当は北アルプスや白馬岳を取り上げたかったのだが、残念ながら天気が悪くてわたしは見ることができなかった。次回見ることができれば取り上げることとして、まずは湖だ。
 簗場駅の近くに、青木湖・中綱湖・木崎湖の仁科三湖と呼ばれる3つの湖がある。列車からもよく見える。晴れていれば青い湖に近くの山が映えて、さぞ美しかったことだろうと思う。なんでもフォッサマグナの断層にできている断層湖で、地質学的には貴重らしい。3つの湖はそれぞれに特徴があり、例えば青木湖は全国有数の透明度を誇るらしい。北海道の摩周湖に次いで2位という説もあるが、Web で調べた範囲では値そのものも8mとか14mとか9mなど諸説あり、よく分からない。が、国内の透明度ランキングには載るほどの湖であることは確かなようだ。
 また、安曇野の田園風景も美しい風景の1つとして挙げられる。本来はこれに加えて北アルプスが見えるはずなのだが上にも書いたように残念ながら見ることはできなかった。しかし田園風景も、何ということもないのだが、心休まるものがある。

 今回は天候が悪かったこともあり何となく景色を眺めながら過ぎてしまった大糸線だったが、渓谷あり、川あり、山あり、田園風景あり、で、1つの路線にも関わらず沿線はいろいろな表情を見せてくれる。次に訪れるときはもう少し滞在時間を増やしてみて、沿線を楽しんでみたいものだ。

参考リンク
大糸線 Oito Line
 まずはこちらを参照しよう。

同じカテゴリー(旅行/関東)の記事画像
草津温泉(10/01/17)
長瀞紅葉紀行(後編)(11/28)
長瀞紅葉紀行(前編)(11/28)
高尾山紅葉紀行(11/21)
鳩ノ巣渓谷紅葉紀行(11/23)
昭和記念公園紅葉(11/14)
同じカテゴリー(旅行/関東)の記事
 草津温泉(10/01/17) (2010-02-13 20:48)
 長瀞紅葉紀行(後編)(11/28) (2004-12-03 07:58)
 長瀞紅葉紀行(前編)(11/28) (2004-12-02 07:36)
 高尾山紅葉紀行(11/21) (2004-12-01 07:54)
 鳩ノ巣渓谷紅葉紀行(11/23) (2004-11-28 08:04)
 昭和記念公園紅葉(11/14) (2004-11-27 17:25)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
JR大糸線(8/22)
    コメント(0)